About

Therapist    
林 香織  
 

医療、出版、天然石撮影のしごとを経てセラピストの道へ。

長野県出身。東京都在住。
お茶の水女子大学卒。二児の母。

趣味:ヨガ、ピアノ、写真、自然スポットに繰り出すなど☆

Concept  ~自分らしく 自然体で~
 

自分らしく生きること。自然体で生きること。

人間社会ではそうした生き方に難しさを感じるかもしれません。

「私らしさって何だろう?」
「自然体の私って?」​

 それすら分からなくなることもあるでしょう。

 自然界に目を向けると、すべてのものがありのまま存在し、生き生きと命を輝かせていることに気がつきます。
 

 さまざまな個性があってもぶつかりあうことなく、美しい生命の循環のなかで、見事に調和して共生しています。

 太陽がただ存在するだけで滋養を与えるように、植物がただ存在するだけで安らぎを与えるように、森羅万象のすべてはありのままで価値ある存在。
 

 何かの役に立とうとしたり、周囲に合わせたりしなくても、「素の自分」で存在することで特性や資質を最大限発揮し、素晴らしい調和と循環を生み出します。

 私たち人間も同じで、「不自然な在り方」を手放し、「最大限自分らしく在ること」こそが、自分が本来持つ才能や資質を十分に発揮することへとつながります。

 それは個人の幸せや喜びをこえて、家庭や社会、地球、そして宇宙全体に
調和をもたらします。

 「自然体で生きる」とは、「個」としての意識と身体を健やかに保ちながら、「大自然」「地球」「宇宙」そして「神羅万象の源」と呼吸を合わせ、一体となり、「今この瞬間にありのまま存在すること」を意味します。


 「自然体」を深めていくことは、私たちの本質である「神羅万象の源」としての意識を憶い出していく道に他なりません。

「自然体」を深めるためには、安定感を築き、バランスや軸を整え、「不自然なあり方」や「自分の本質以外のもの」をきれいに洗い流していくことが大切です。

 科学技術の進歩や生活環境の変化に伴い、現代人は自然や地球、天体とのつながりが希薄になりつつありますが、社会を離れて大自然の中に入ったとき、心と身体がゆるみ、呼吸が深まって、「素の自分」に戻れた経験のある方も多いのではないでしょうか。

 

 地球上のあらゆる生命たちと同じように、私たち人間も、自然界の構成要素である「地」「水」「火」「風」「空」、そして天地から注がれる「生命力」を取り入れることによって、自分のバランスを整え、不要なものをすみやかに洗い流し、「自然体」で生きることができるようになります。

 これらのことから、《レムリアの森~healing forest~》では、大地の恵みである鉱物を中心に、植物から抽出されたエッセンシャルオイル、フラワーエッセンス、海や森のサウンドなど、自然の恵みを取り入れた各種セラピーをご提供することで、「自然体」を深め、「本当の自分らしさ」を輝かせて生きるお手伝いをいたします。
 

 豊かな自然の中に入ったような深いリラクゼーションと癒しのひと時を、どうぞお楽しみください☆

Profile

 

『生い立ち』

 長野県の原村という八ヶ岳のふもとにある緑豊かな土地で育ちました。山や木々、草花、川、石、土など、自然と遊ぶのが大好きな子どもでした。

 一方、周囲の環境などさまざまな影響を受けやすいことによる体調不良やアンバランスを抱え、いつも周りに合わせて心身ともに緊張した日々を過ごしていました。

『心のケアについての学び~』
 大学進学前後に親族がうつ病で他界したことや、慣れない都会生活で体調を崩したことをきっかけに、メンタルヘルスやカウンセリングに興味を持つようになりました。
 心療内科でのアルバイト、病院への就職などを通し、心身のトラブルへの西洋医学的なアプローチやセルフケア方法について探求しました。


 

『生と死についての問い』

 出産を期に退職。4年間子育てに専念したのち、出版関係のインタビュー音源を文章化する仕事を開始。

 ターミナルケアの現場で看取りを行っている高木慶子さん、元救急部医師の矢作直樹先生、がん哲学外来の樋野興夫先生などのお話しを聞いたことをきっかけに、「生と死」「生きる意味」「死後の世界」「スピリチュアルなケア」などに意識が向くようになりました。

 その他にも小説家、実業家、デザイナー、教育評論家の方など、第一線で活躍している方たちの人生哲学に一貫性があったり、スピリチュアルな視点を持っている方も多く、そうした方たちからたくさんの刺激をいただきました。

『目に見えない世界との出会い』

 「私は何のために生まれてきたんだろう?過去世があるのなら思い出したい。守護霊って本当にいるの?」

 スピリチュアルな世界に少し抵抗を感じながらも、好奇心の赴くままにスピリチュアルリーディングやヒプノセラピー(過去世退行催眠)を受けてみました。すると、複数の方に同じことを指摘されたり、過去世の記憶を思い出すなど、驚くことがたくさんありました。


​ また、教えていただいたセルフケア方法を実践することで、子どもの頃から抱えていた不安定さや体調不良もみるみる改善。「目に見えない世界」を受け入れるに至りました。

『天然石との出会い』

  人生の目的を少しずつ思い出し、「これからは心からやりたいことをやって生きよう」と思ったとき、写真家FUMITOさんの鉱物写真に出会い、子どもの頃から天然石が好きだったことを思い出しました。

 天然石に魅せられ、都内の石屋さんを巡り、天然石を撮影するしごとに携わらせていただきました。


 撮影を通してたくさんの天然石に触れるなかで、石には不思議な力があることを実感しました。天然石を身に着けたり、クリスタルヒーリングを受けてみたところ、自分の意識や体感に大きな変化がありました。


『セラピストとして独立』
 自分自身がヒーリングによって大きく変われたことや、「自然のなかに入ったときのような癒しのひと時をご提供したい」という想いから、クリスタルヒーリングとレムリアンヒーリングを習得し、セラピストとしての活動をスタート。
 これまで300件以上のヒーリングに携わらせていただきました。


 セラピストになってすぐに母親の末期がんが見つかり心身のサポートを行うなかで、西洋医学・東洋医学・代替医療・エネルギー的なケア(ヒーリング)をバランスよく取り入れることにより、人生の質を高め、魂の望みに沿った人生を生きられることも実感しました。
 

『自然体で生きる人生』

 幼少期からやりたいことが見つからなかった私ですが、「自然体の自分」を生き始めたことで日々たくさんの方とご縁がつながり、喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。
 

 ヒーリングセッション以外にも、ハープ演奏によるサウンドヒーリングや、自分を整えるセルフケアの方法などもお伝えしております。

 たくさんの方にさまざまな場でお会いできますことを楽しみにしています☆