グラウンディング② 実践方法


今日は「グラウンディング」を高めるための具体的な方法について書きたいと思います。


惹かれるものから取り入れてみてください^^

グラウンディングを高めるアクション


いつでもどこでもできるグラウンディングのテクニックとしては「グラウンディングの瞑想」(後述)が有名ですね。 ただ、瞑想だけに頼らず以下のことを日常に取り入れると「グラウンディング」がより安定し、強化されます。

心や身体の状態によっては瞑想が深まらなかったり、瞑想以外の方法が最適なケースもあります。

その日の気分や体調で心地よく感じるものを取り入れるのがおすすめです。

《グラウンディングを高めるアクション》


・裸足で地面や芝生の上に立つ


・園芸、家庭菜園、庭仕事などで土に触れる


・裸足や素手で川・海水に触れる


・素手で木や植物に触れる これらは「アーシング」といわれ、健康効果が科学的にも証明されている方法です。 (体内にたまった電気を地球にアースすることで体調が整う)


「アーシング」というと裸足にならないといけないイメージがあるかもしれませんが、手で大地にふれたり、植物や水に触れることでも一定の効果が認められているそうです。


エネルギー的な観点からは、足もとに地球とつながるためのチャクラがあるため、足で直接大地に触れられたらベストです。


ただ、お住まいの環境や気候に左右される面もありますので、その時やりやすい方法を取り入れてみてください☆

~~~~~~~~~~~~~~~~~


・脚や足裏のマッサージをする


・下半身や足先を温める (衣類での調整、足湯、半身浴など)


・身体を動かす (ヨガ、ウォーキング、ダンスなど)

グラウンディングがうまくいっていないときには、下半身の氣の巡りや血の巡りが滞っていたり、血行不良で筋肉が緊張していることが多いです。


足元や下半身の氣の巡りが悪いと、地球の生命エネルギーを肉体レベルまで取り入れることが難しくなります。


そのため、肉体からのアプローチとしてマッサージや温浴、運動などで氣の巡りや血流を良くすることも有効です。


肉体の緊張がほぐれると、自然と安定感が増し、リラックスして、瞑想も深まりやすくなります。


グラウンディングに関わるチャクラ(アーススターチャクラやベースチャクラ)の活性化にもつながります。


ひとりで頑張らず、整体やアロママッサージなど施術を受けるのもおすすめです。



グラウンディングの瞑想

ベーシックなグラウンディングの瞑想法を書きます。


~~~~~~~~~~~~~


①立つか椅子に座り、足の裏を地面にしっかりとつけます。

手は軽く組んでおきます。


(手を組むとエネルギーが循環しやすくなります)